親身になってくれる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不倫問題や慰謝料請求に強い弁護士を選ぶというのは当然のことですが、きちんとこちらの親身になって相談に乗ってくれる弁護士を選ぶということが一つのポイントになります。弁護士の中には淡々と業務をこなすようなタイプもいますが、パートナーの不倫で心身ともに疲れているときにこのような弁護士に相談するのはいろいろと苦痛です。きちんとクライアントの気持ちに寄り添って親身になって相談に乗ってくれるような弁護士に相談したほうが精神的な負担も軽くなるのではないでしょうか。

相談多くの弁護士事務所、法律事務所では無料の相談も行っていますから、とりあえずは相談してみて弁護士との相性を確認するのも良いでしょう。その時に、きちんとこちらの気持ちに寄り添ってくれるか、親身になってくれるかどうかを確認しておくことです。親身になってくれる弁護士のほうが相談する側としてもいろいろと深い話もできますし、逆に親身になってくれないような弁護士にこちら側の事情を事細かに話す気にはなれませんよね。クライアントに寄り添ってきちんと話を聞いてくれる、その上で適切なアドバイスや今後の方針について説明してくれるような弁護士を選ぶことが大切なポイントです。